保険治療と自費治療

保険治療と自費治療の特徴

保険治療と自費治療の特徴

歯医者での治療には健康保険が適用される「保険治療」と、健康保険が適用されない「自費治療」の二種類があります。
それぞれに特徴があり、一概にどちらが良いとは言えません。ですので、患者様のご要望・ご予算などのニーズを踏まえたうえで、適切な方を選ぶことが重要となってきます。

保険治療とは

様々な制限があるが、費用は治療費の3割負担

保険治療で使える素材や治療法は国の定めにより決められています。
一定の範囲内での選択肢となり、「必要最低限の機能回復」を目的としている為、優れた審美性や高い耐久性を求める方の場合、治療後の仕上がりに満足できない場合があります。
しかし、保険治療は国により治療ごとの費用が定められており、どの歯医者でも同じ治療であればほぼ同額で治療を受けることが出来ます。更に健康保険が適用される為、費用は治療費の3割のみが自己負担となっています。

保険治療のメリット 保険治療のデメリット
  • 治療費は3割負担の為、費用が安価
  • 医院による治療費の違いがほとんどない
  • 素材や治療法などが制限されている
  • 自然な見た目や耐久性を追求した処置ができない

自費治療とは

質の高い治療を、全額負担で

保険治療では素材や治療法を患者様自身が自由に選ぶことが可能です。
そのため、保険治療では扱えない優れた審美性や、高い耐久性を持った素材を使った、最新技術を駆使した治療を受けることが出来ます。最低限の機能性を取り戻すことを目的とする保険治療とは異なり、自費治療は咬み合わせのバランスや、歯の強度なども踏まえた快適な口内環境を実現することを目的としています。
しかし健康保険が適用されない為、その費用は全て自己負担となっています。

自費治療のメリット 自費治療のデメリット
  • 素材や治療法の制限がない
  • 自然な見た目や耐久性を追求できる
  • 治療費は全額負担の為、費用が比較的高額
  • 歯科医院によっては料金体系が異なる

保証について

当院では、治療終了後も安心して日々の生活を過ごしていただくために、自費治療に対する保証制度を設定しています。 通常の日常の使用で、保証期間中にこわれたり、外れたりした等場合、無償にて修理・再製等行います。

■保証対象外になるパターン■

1)当院が指定した間隔の定期検診を受けて頂けなかった場合
2)患者様の不注意や、不慮の事故など明らかに当院の責任でない場合
3)診療時に全く予測できない変化が、治療後口腔内に生じた場合

自費治療と自費治療の違い

  保険治療 自費治療
素材 国の定めたものしか使えず制限がある 制限がなく、自由に選べる
治療法 国の定めた制限がある 制限がなく、最新の治療法を選択できる
見た目 不自然さが残り、痕が残る場合が多い 天然歯と同じ色で、治療したことがほとんど分からない
強度 歯より硬かったり、破損しやすかったりする ほぼ歯と同じ硬さで、満足できる耐久性
身体への影響 個人差はあるが、アレルギーなどの反応が出る場合がある 健康へのリスクはほとんどない
機能性 違和感があったり、痛みが生じる場合がある 天然歯とほぼ同じ使い心地で、違和感なく使用できる
費用 保険適用の為、治療費の負担額は3割で済む 保険適用外の為、全額自費

ページトップ