審美歯科

審美歯科

審美歯科
歯をもっと美しく見せたい、
もっと自然に見せたい!

審美歯科とは美しさに焦点をあてた歯科治療のことを指します。
従って歯並びを治す矯正歯科も広くみれば審美歯科に当てはまりますが、一般的に呼ばれている審美歯科とは、歯を白くしたい・歯並びを美しくしたい・詰め物や被せ物をより自然に見せたいという要望に対しての治療を審美歯科と呼びます。

クラウン(被せもの)の種類

オールセラミック

オールセラミックは冠の内側に金属を使わないので、金属アレルギーの方には最適です。
また、自然の歯のような透明感があり、審美性の高い素材です。

メタルボンド

メタルボンドは冠の内側に金属を使用しています。
オールセラミックに比べると色調や透明感は多少劣りますが、内側が金属ですので、強度があり、奥歯やブリッジなどの部分に適してします。

ゴールドクラウン 

ゴールドクラウンは強度が強く、歯によくフィットし、保険の金属に比べ腐食しにくいです。

ファイバーコア

ハイブリットクラウンやオールセラミックスの支柱に用いることで、より自然な歯に近い歯に見せることができます。
また、材料の特性により装着後に歯の根が割れにくくなります。

インレー(部分被せもの)の種類

セラミックインレー 

気になる奥歯の金属の詰め物(銀歯)はありませんか?
セラミックインレーは歯の色を合わせることができ、目立ちません。

ゴールドインレー 

ゴールドインレーは強度が強く、歯によくフィットします。

ホワイトニング治療

ホワイトニング治療
ピュアな白い歯で笑顔に磨きをかけましょう。

ホワイトニングとは、薬の力を使って歯を白くしていく方法(歯の漂白)のことをいいます。
一般的にホワイトニングと言われるのは、「自分の歯より白くする方法」の事を言い、歯の黄ばみ、着色、よごれなど、着色の原因や歯質等によって適したホワイトニング法で、本来の白い美しい歯を取り戻します。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯の黄ばみが気になる方、自分の歯の色よりもっと白くしたいという方、短時間で歯を白くしたいという方におすめです。
当院では、ZOOMホワイトニングシステムを採用しております。

当院ではホワイトニング・コーディネーターのスタッフが担当致します。

ホワイトニングコーディネーターとは?

日本歯科審美学会の認定資格で、ホワイトニングに関するカウンセリング・アドバイスが出来る資格です。
つまり、ホワイトニングのプロと認められた証です。

オフィスホワイトニングの手順

Step.1
ホワイトニングができるかどうか検査します。同時に歯の色の診断を行い、写真を撮ります。
Step.2
歯をしっかり磨き、歯の表面の汚れを取ります。
Step.3
歯の周辺を保護します。
Step.4
ホワイトニング材を歯の表面にぬり、合計30~45分間、専用のライトで照らします。
(個人差により照射時間が変わることがあります。)
照射後、薬剤を洗い、フッ素塗布します。
Step.5
ホワイトニング完了後の歯の色の診断を行い、写真を撮ります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

歯の黄ばみが気になる方、徐々に歯を白くしたいという方におすすめです。
また、オフィスホワイトニング後のメインテナンスとして使用するとホワイトニング効果が持続しやすいです。
当院では、ウルトラデント社の「オパール・エッセンス システム」
を採用しております。

ホームホワイトニングの手順

Step.1
まず医院にてホワイトニングができるかどうか検査します。
Step.2
ホワイトニング用のトレーを作成するため、歯型を取ります。歯の色の診断、写真撮影を行います。
Step.3
作成したトレーが歯に合っているかチェックします。(1日~2日後)
Step.4
自宅でトレーに薬剤を入れて、ホワイトニングスタート!(2~4週間程度)

ホワイトコート

白い歯に少し憧れがあるという方特別な日だけは白い歯になりたい。
ホワイトニングまでは料金も時間もかけられないという方におすすめです。

義歯(入れ歯)について

義歯(入れ歯)について

痛い、噛めない、など義歯(入れ歯)に対するお悩みをお持ちの方は一度、ご相談ください。
患者様のご要望をじっくりお聞きし、皆様にいつまでも噛める喜びをお持ちいただける義歯(入れ歯)を提供いたします。
歯を失ってしまった場合に一番一般的な治療法、義歯は機能的にも審美的にも日々進化しています。

保険適用外義歯(入れ歯)

歯のなくなったところに人工の歯ぐきと歯を金具で固定します。
プラスチック部分が弱いため内部に補強腺が埋め込んであり全体的に重く厚いものになっています。

  レジン床 金属床
材料 加熱重合レンジ コバルトクロム、チタン
メリット 保険の義歯に比べ適合が良いです。また、壊れても修理がしやすいです。 レジン床に比べて違和感が少なく、食べ物の温度が伝わります。
注意点 厚みがあるので、金属床に比べて違和感があります。 金属アレルギーの方には使用できない場合があります。

ページトップ